読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クリエイティブ起業のすすめ

デジタルコンテンツなどのクリエイティブ分野で起業を目指す人に向けて、自分の体験をベースに役立つ考え方やノウハウを提供したいと思っています。

起業家の3世代 「63・76・81生まれ」は、ここが違う!

ドリームゲート社の仕切りで、起業家の卵たちと対談した。若い彼らの話も新鮮だったが、そのあと、ドリームゲートの担当者たちが教えてくれた話も、また面白かった。彼らは、起業応援サイトのスタッフとして、これまで300人以上の起業家に取材しており、今の起業家に関し日本で一番詳しいのではないかと思う。僕が独自に調べたことも合わせ、起業家の世代による特徴を書いてみたい。

 

uma

 

今の起業家は3世代に区分できる。生まれ年でいうと、1963、76、81で、現時点ではそれぞれ、51才、38才、33才だ。76生まれの少し上にホリエモンやCAの藤田さんがいるが、ここでは簡単に3世代とする。各世代は、時代を反映した特徴を持っていて、意外とタイプが違う。

 

22

 

63生まれには、楽天の三木谷さん、DeNAの南場さん、ヤフーの井上元社長がいる。僕もここだ。この世代は、バブル真只中に社会に出たため、世の中は年々発展していくという意識が強い。30代での起業が多いが、以来10~20年が経過した今も事業を続けているので、生残った起業家といえる。同時代に起業した人は多いが、ほとんどの人は失敗し、とうの昔に地道な職に戻っている。生残った彼らの出自は、大半が大企業。そこでガツガツと仕事をこなし、大きな成果を上げることで、自分の能力に自信を持った。そして、自由を求め会社を飛び出した。ネットビジネスの波に乗り会社を上場させ、名を遂げた今、彼らは、人格に円熟を帯び、社会貢献を考えるようになっているそうだ。

 

76生まれは、GREEの田中さん、mixiの笠原さん、はてなの近藤さんが有名だ。この世代は、就職が氷河期と呼ばれる時代で、大変に苦労した。何とか大手企業に入った人が半分で、25%はITベンチャーへ、25%はフリーターから出発した。大手に就職できた人でも、会社に人生を委ねるという感覚が薄く、やりたい事をやっていきたい、という気持ちが強いそうだ。お金や成功を求めて、というタイプの起業ではなく、好きな事を追求したら起業になった、という事らしい。だから、事業成長できた人は、状況を見定め、コツコツと努力を重ねるしっかり者が多い。

 

81生まれは、不思議ちゃん。起業という一大決心を、「面白そうだからやっちゃおう」みたいな、サークルのノリで決めてしまうらしい。彼らが社会に出たころは、サイバーエージェントDeNAGREEなど大企業になったITベンチャーも多かった。そういう成功を自分も手っ取り早く成し遂げたいと、新卒時、大手企業に内定をもらっても入社せず、上場ベンチャーに入った。しかし、長くは働かず、起業に踏み切る。起業を3年やってダメだった場合は、仲間内でうまくやっているベンチャーへの役員入社を模索するらしい。それもダメなら普通の就職。

 

今は、投資家の数も多いし、低価格サーバーや共同オフィスにより起業コストは90年代の数分の一まで下がり、格段に起業しやすくなっている。この世代から世に出た人はまだ少ないが、このハードルの低さはどのような淘汰結果をもたらすのだろう?チャンスを活かせる人が多数出るのか、甘やかされ挫ける人が増えるだけなのか?

 

いずれにしても、人生のターニングポイントは、30才と35才の2回。この前後で、起業を決意したり、会社をたたみ普通の就職に戻ったりする。いつの時代も、30代は、大きな分かれ目となるようだ。

 

2014/07/01執筆 再掲