読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クリエイティブ起業のすすめ

デジタルコンテンツなどのクリエイティブ分野で起業を目指す人に向けて、自分の体験をベースに役立つ考え方やノウハウを提供したいと思っています。

怒りが世を動かす「ダラス・バイヤーズクラブ」

HIV陽性で、余命30日を宣告された男の物語
ダラス・バイヤーズクラブ」を観た。低予算映画ながら、今年のアカデミー賞で、主演男優賞(マシュー・マコナヘイ)と助演男優賞(ジャレッド・レト)を受賞した作品だ。

 

公開前、チラシを見かけた時から気になっていたが、予想にたがわず面白い。サンフランシスコ市内の映画館に行ったが時間が合わず、自宅ケーブルテレビで1回(6ドル位)、日本往復の飛行機内で字幕付きで2回、計3回も観てしまった。

 

物語は、1985年のテキサスで起きた実話がもとになっている。HIV陽性で余命30日を宣告された男が、米国内で未承認だった治療薬をメキシコなどから手に入れ、有料の会員制システムをつくることで、患者たちにさばいた、という話。男は、その後7年間生きるが、ちっぽけな田舎の弱者が、腐敗した権力に立ち向かうという構造は、ハリウッドらしいヒーローモノでもある。
今僕が書いている「起業家の映画」のヒントになることが、いくつもあった。

 

名称未設定-1

 

強烈な主人公のキャラクター
主人公ロンのキャラクターが強烈だ。40代独身の電気工で、トレーラーハウスに住み、工事現場で働く。趣味は、ロデオライドとギャンブル。
一人身をいいことに、追っかけの女のコたちを家に連れ込み、友人のロデオライダーとパーティー三昧。きついウイスキーやマリファナを楽しむような、自堕落で、自由気ままな暮らしを謳歌している。性格は短気で、気に入らないと誰彼かまわず、すぐに噛みつく。人に好かれるタイプではなく、物語の主人公としても観客は共感しづらい。物語の前半までは。

 

そのロンが、HIVに感染し、余命30日を告げられる。最初「オレはゲイじゃないから、そんな病気ありえない」と医者に噛みつくが、体調は悪化する一方。治療薬を求めるロンは、やがて、驚きの事実を知ることになる。米国では、他国では承認されている有効な治療薬が、なぜか承認されていないのだ。ロンは、治療薬を求めメキシコの闇医者を訪ねるが、やがて、その薬を米国内に持ち込み、エイズ患者にさばき稼ぐことを思いつく。 この過程で、ロンは、自分の主治医に悪態をつき、FDA(厚生省のような役所)の集会に怒鳴り込む。

 

のめり込みや怒りが、新しいものを生み出す
面白いのは、ロンの怒りやのめり込みが、意図せずして、FDAと製薬会社の癒着を糾弾し、エイズ患者への治療薬の配布に一役買うこと。
ただし、ロンは決して正義の味方ではない。ゲイを頭から毛嫌いする態度は偏見に満ちているし、会費を払わない患者に薬を無料で与えることはしない。なにより、政府との戦いは、患者たちを助けるためではなく、自分が生き延びるために始めたのだ。
僕が一番おもしろかったのは、この、ロンの利己的な怒りが世の中を動かす、という部分だ。
起業の世界でよく耳にするのだが、人が起業するのは、「お金持ちになりたい」「この事業を成功させたい」という動機が最初からあるのではない、ということだ。最初から起業を狙うのではなく、「これは面白い」という事にのめり込んで行ったり、「なんでダメなんだ?」と、今いる社会に対する怒りから物事を進めていくと、その結果、起業に至る、という事が多いそうだ。自分の経験に照らしてもうなずける話である。自分がやりたい事を追求していくと、古臭い常識や大企業が支配する旧体制などが阻害してくるので、それを打ち破らないと先へ進めなくなってしまうのだ。

 

やってきたことに意味があったのか?
映画後半に、感傷的な名シーンが一つある。ロンを心配し、女医が自宅に訪ねてくる。体調最悪のロンは、女医に抱かれながら気弱にささやく。「こんなに生き長らえることができるんだったなら、旅行とか、もっと人生を楽しむことをやるべきだったかな?国との争いなどせずに」。数少ない味方である女医は、ロンの体を優しくなでながら、「あなたは、意味のある人生を生きているわ」と励ますのだ。
実在の人物、ロン・ウッドルーフは、行きがかり上、政府と対立するようになったが、生前(今から20年前!)、取材に来た脚本家に、「自分の話が映画になるなら、是非観てみたい。やってきたことに意味があったんだと思えるといいな」と語ったそうだ。

 

2014/04/25執筆 再掲